BLOG ブログ

2022年11月30日

 平素より応援してくださりありがとうございます。                         2022/11/27に行われた公式戦第7節、山梨学院大学戦との試合結果をご報告させていただきます。   

                                                    國學院大學 vs 山梨学院大学

前半 0 – 27                                              後半 28- 12

合計 28 – 39

今回の試合は今シーズン最後の公式戦ということもあり、沢山の熱い想いをメンバーが背負った試合となりました。                                                  前半は、一度は敵陣へ攻め込んだもののラインブレイクからのトライやスクラムトライなどを決められ攻め込む隙が無く、終始山梨の流れで試合が進み、0-27で前半を折り返します。                                                  なんとか逆転の糸口をつかみたい國學院は、後半9分に均衡を破るラインアウトからのトライを決めると21番渡邉 将哉がキックをチャージしそのままトライ、終盤には8番キャプテンの斎藤 響がトライを決めるなど果敢に攻めますが、前半の差を埋め切れず28-39で試合終了となりました。

試合後に斎藤 響主将にインタビューを頂きました。

この一年間、一部昇格を目指し「BOND」というスローガンを掲げ部員全員で切磋琢磨してきました。結果は3勝4敗と一部昇格はできませんでしたが、最後まで諦めずに戦うことができました。新チームが始まった当初は、チームがまとまりきれないこともありましたが、少しずつチームのために身体を張る選手が増え、結束が強くなったと思います。
振り返ってみると、あっという間の4年間でした。
入部当初は、大学生のコンタクトレベルについていけず、人一倍、身体作りに励んだことが懐かしいです。そのおかげか、一年生から公式戦ジャージを着ることができチームのために身体を張ることができました。
ラグビーの方も充実していましたが、何より先輩や後輩、同期と過ごした寮の日々がとても楽しかったです。同じ釜の飯を食べた仲間としてかけがえのない思い出ができました。
ここで過ごした4年間は、一生の宝物です。
後輩たちにはこの悔しさを糧にして必ず一部昇格を達成してほしいです。
國學院大學ラグビー部を応援して下さるOBをはじめとする関係者の皆様、並びに保護者の皆様、いつもご支援いただき誠にありがとうございました。皆さまのおかげで今シーズンを乗り越えることができました。来シーズンも國學院大學ラグビー部に熱いご声援を宜しくお願いします。

今シーズンで4年生は引退となります。                                                  4年生の保護者の皆様、4年間國學院大學ラグビー部へのご支援そして熱いご声援をありがとうございました。4年生が築いた國學院ラグビーを受け継ぎ、来年から新チームで1部昇格を成し遂げられるよう頑張っていきます。

3年生、2年生、1年生の保護者の皆様、チーム一丸となり来年も目標である1部昇格に向け邁進していきますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます。

シーズンはこれにて終了となりますが、より良い國學院大學ラグビー部を作れるよう部員、監督陣一同頑張っていきます。                                                 重ねてになりますが、1年間の熱い応援ありがとうございました。 


2022年11月14日

平素より応援してくださりありがとうございます。

2022/11/13に行われた公式戦第6節、専修大学との試合結果をご報告させていただきます。

國學院大學 vs 専修大学                              前半 26 – 39                                  後半 0 -  35                                 合計 26 – 74

今回は、風が強い中での試合となりました。                     前半開始0分に専修大学に先生をされると続けてペナウティゴールを許してしまいます。國學院も後を追いかけ26-39で前半を折り返します。             後半は20分まではどちらも譲らず激しい攻防戦が続きましたが、均衡を破ったのは専修大学でした。                                 このトライから専修大学が流れに乗り、大量得点を許し26-74で試合終了となりました。

今回の試合では、自チームの課題である前半の入りと後半の粘りという課題が如実に見えた試合だったと思います。公式戦も残り1試合、万全の状態ーで望めるようにチーム一同頑張ります。

会場まで足を運んでくださった皆様ありがとうございました。            皆様の応援が選手の力になります!残り一戦、皆さんの思いを背負って全力で戦って参ります。応援よろしくお願いいたします。